住宅ローン減税とは

住宅ローン減税ガイド

住宅ローン減税とは、ローン残高に応じて税額の控除を受けられる制度のことです。

住宅ローン減税TOP > 住宅ローン減税

住宅ローン減税とは?

住宅ローン減税とは、居住用の住宅を購入した際、借入金の一定割合を所得税から控除する制度のことです。

正式名称は『住宅借入金等特別控除』といい、納税者の税負担を軽減する効果とともに、住宅購入促進による景気回復を見込んだ制度となっています。

住宅ローン減税は昔からある制度で、本来なら2008年12月で終了する予定でしたが、昨今の経済情勢を考慮した結果、住宅ローン減税適用期間が5年間延長されることになりました。

住宅ローン減税は一定の条件を満たせば、住宅の新築・中古に限らず、減税措置を受けることが可能となっています。

住宅ローン減税の目的

一生の中で一番大きい買い物になると言われる住宅の購入。

その価格は新築・中古や地域差によって異なりますが、1000万円を軽く超える物件が大半を占めています。

多くの方は住宅を購入する際、各金融機関で住宅ローンを組み、毎月一定額を支払う形を取っています。

しかし、住宅ローンは平均20~30年と長く、さらに固定資産税の支払いや住宅のリフォームなど、別途支払う費用もかさむところが難点です。

住宅ローン減税は、高額な住宅ローンを組んだ方に対し、ローン残高に応じて税額を控除することで、少しでも負担を軽減することを目的としています。

現在の住宅ローン減税

上記でも述べた通り、住宅ローン減税は本来2008年にいったん終了される予定の制度でした。

しかし、近年のまれにみる不況により、政府は住宅ローン減税の延長を決定。

当初の予定より5年間延長させると同時に、控除率の引き上げや、控除対象に住民税を加えるなど、さまざまな税制改正案を成立させています。

これにより、現在の住宅ローン減税は、数年前に比べてかなりお得になっており、2009年4月施行時点の住宅ローン減税制度では、最大600万円の控除を受けることが可能となっています。

ただ、住宅ローン減税は延長された5年の間に年々控除額が引き下げられる予定となっています(平成23年~平成25年)。

現在の住宅ローン減税はこれまでにない控除率となっていますので、住宅ローンを検討している方は、早めの対応がおすすめと言えるでしょう。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 住宅ローン減税ガイド All Rights Reserved.