住宅ローン減税の期間

住宅ローン減税ガイド

住宅ローン減税は住宅取得時から定められた一定期間だけ受けることができます。

住宅ローン減税TOP > 期間

住宅ローン減税の期間

住宅ローン減税は住宅ローンが終わるまで受けられるわけではなく、住宅取得から一定の期間のみ控除を受けることができます。

住宅ローン減税の期間は、減税措置を受けた年数によって異なっていますが、平成21年~平成25年居住分に関しては、一律10年間で固定されています。

以下では、住宅ローン減税の期間とともに、借入金額や対象住宅などの概要を表にまとめてみました。

住宅ローン減税の概要

  一般住宅 認定長期優良住宅
控除対象借入金等の額 次の借入金等の年末残高(償還期間10年以上)
(1)住宅の新築・取得
(2)住宅の取得とともにする敷地の取得
(3)一定の増改築等
次の借入金等の年末残高(償還期間10年以上)
(1)住宅の新築
(2)新築住宅の取得
(3)住宅の取得とともにする敷地の取得
対象住宅等 (主として居住用に供する)
(1)住宅の新築・・・床面積50㎡以上
(2)新築住宅の取得・・・床面積50㎡以上
(3)既存住宅の取得・・・床面積50㎡以上、かつ築後20年以内。または地震に対する安全上必要な構造方法に関する技術的基準に適合すること
(4)増改築等・・・床面積50㎡以上
(主として居住用に供する)
(1)住宅の新築・・・認定長期優良住宅であること。かつ床面積50㎡以上
(2)新築住宅の取得・・・認定長期優良住宅であること。かつ床面積50㎡以上
適用居住年、
控除期間
平成21年~平成25年居住分 10年間
所得条件
合計所得金額 3000万円以下
適用期限
平成25年12月31日

控除額等(税額控除)

一般住宅

居住年 借入金等の年末残高の限度額 控除率 最高 合計最高控除額
21年
5000万円
1.0%
50万円
500万円
22年
5000万円
50万円
500万円
23年
4000万円
40万円
400万円
24年
3000万円
30万円
300万円
25年
2000万円
20万円
200万円

認定長期優良住宅

居住年 借入金等の年末残高の限度額 控除率 最高 合計最高控除額
21年
5000万円
1.2%
60万円
600万円
22年
5000万円
60万円
600万円
23年
5000万円
60万円
600万円
24年
4000万円
1.0%
40万円
400万円
25年
3000万円
30万円
300万円

以上の表からわかるとおり、平成23年から借入金等の残高限度額が引き下げられ、最高控除額も下がってしまっています。

認定長期優良住宅に至っては、平成24年から控除率まで引き下げられていますので、高額な住宅の購入を考えている方は早めの検討が推奨されています。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 住宅ローン減税ガイド All Rights Reserved.